amazonギフト券を現金化する方法のまとめ

amazonギフト券の現金化

  • はてなブックマークに追加

  • あなたの拡散が励みになります m(__)m


Amazonギフト券を現金化!

Amazonギフト券は商品券ですが、コードを入力してアクティベートすると有効期限はその日から1年になってしまいます。有効期限が近くて悩んでませんか!?

街でよく見かける店舗型の金券ショップは多くの場合、Amazonギフト券を取り扱っていないので不要なギフト券を現金化できません。

では、何かの事情でどうしても『Amazonギフト券を現金化(換金)』したいとき、どうすればいいのでしょうか?

それは下記のようなamazonギフト券の現金化サイトを【実際に検証!】で現金化すればよいのです♪


初めてAmazonギフト券現金化しようと思っている初心者さんは、【超初心者必見!】Amazonギフト券現金化を徹底解説!(ページ内)をご覧ください。


現金化する時の注意点!!

Amazonギフト券の現金化サイトでギフト券を買取してもらえば、簡単にAmazonギフト券の現金化が成功します。


しかし、僕の経験上ここで注意点が一つ発生します。

ちなみに僕は損失覚悟で数多くの買取サイトでamazonギフト券の現金化を検証してきましたので知識と経験は豊富です。

それは買取サイトで堂々と換金率93%や換金率95%と記載されていますが、実際の換金率とは異なるからです。

振込まれた金額から消費税8%などの意味の分からない金額を引かれていたり、利用規約に記載あるとのことで初めての利用者は換金率70%で振込されたりなどの問題が発生するのです。


この業界の適正な換金率は換金率85%~換金率92%ぐらいですね。

詐欺にあわない対策!

amazonギフト券を現金化サイトを検証


そこで皆さんがこのような事態(詐欺)に合わないような対策として、実際に多くの買取サイトでamazonギフト券を現金化してみました。(このようなサイトを運営しているので責任もって頑張った次第です)


勿論、最初から怪しい買取サイトでは現金化していませんが、下記の買取サイト一覧表では赤字で危険な理由を記載しわかるようにしていますので、Amazonギフト券の買取申込みをしないようにしてください。

amazonギフト券の現金化サイトを【実際に検証!】

オススメのamazonギフト券の買取サイト 買取ボブ【検証済み】

アマゾンギフト券の現金化サイトの買取ボブ

超オススメ!
買取ボブは、絶対に嘘偽りなく【本日の換金率】【振込時間】を信用できる現金化サイトです。換金率は変動制を採用し、換金率86%~88%程度です。換金率イコール振込金額が成り立ちます。買取ボブは絶対の自信があります。何度検証しても問題なしでした。

オススメのamazonギフト券の買取サイト アマテラ(amatera.co.jp)

アマゾンギフト券の現金化サイトのアマテラ

超オススメ!
アマテラ (amatera.co.jp)は、換金率85%~90%でamazonギフト券の額面で変動してきます。株式会社七福堂という企業が運営しているので安全性に自信あり。コレといった換金率の表記がないのでメール確認がベストですね。

買取セブン【検証済み】

アマゾンギフト券の買取サイトの買取セブン

スーパーオススメ!!
買取セブンで実際に検証してみました。表記された換金率96%ではなかったですが、なんと実際の換金率は91%で現金化できたんです。この高い換金率はアマゾンギフト券買取の業界ではトップクラスですね。

オススメのamazonギフト券の買取サイト ギフト買取ウィング

アマゾンギフト券の買取サイトのギフト買取ウィング

ギフト買取ウィングは、換金率92%でamazonギフト券を現金化でき、SMS認証を採用しているので運転免許証などの身分証明書の提出不要です。手間がはぶけて便利な買取サイトですよ。

オススメのamazonギフト券の買取サイト アマトク

アマゾンギフト券の買取サイトのアマトク

アマトクは、新規に一律92%という高額換金率でamazonギフト券を買取中でしたが、現在は3万円以下の買取は88%になりました。残念。最低買取額は1万円~と利用しやすい設定となっています。

オススメのamazonギフト券の買取サイト ギフル【検証済み】

アマゾンギフト券の買取サイトのギフル

*現在はオススメしていません
ギフルは、買取サイトではなく売買サイトです。つまり、amazonギフト券を買うことも売ることもでき、自分で換金率を自由に設定できます。成約手数料も無料♪94%の換金に成功しています♪

上記の買取サイトのほとんどは、Amazonギフト券の種類に関係なくEメールタイプカードタイプ印刷タイプとどれも買取可能なので容易に現金化できるということです。

下記では色々なamazonギフト券の換金方法を記載していますのでご覧ください♪


【関連ページ】
*携帯決済でアマゾンギフト券を購入し現金化する方法を紹介しています♪
携帯キャリア決済の現金化
徹底比較!Amazonギフト券とitunesカードの現金化相場と方法

1.【超初心者必見!】Amazonギフト券現金化を徹底解説!

Amazonギフト券を現金化するビビリ係長
まずは、Amazonギフト券現金化についての基礎知識!


今回のテーマは、【超初心者必見】Amazonギフト券現金化を徹底解説!です。

現金化する方法なんて既に知っているよ!という方向きの記事ではなく、現金化初心者の方に是非読んで欲しい内容で記載しています。

極端に言うと「現金化って何?」くらいの勢いでも大丈夫です。

この記事だけでAmazonギフト券の現金化について、そしてお得に現金化出来る方法が全て分かります!

永久保存版としてブックマーク推奨!(笑)。かなり長文ではありますが、なるべく難しい言葉は使わず分かりやすい言葉&小タイトルごとに書いているので、コーヒーでも飲みつつ気楽に読み進めてもらえたら嬉しいです。

下記の参考ページでもAmazonギフト券現金化の素朴な疑問点がQ&A方式で解説しています。とりあえず初心者の方はこのページを読んでみてください!

1-1. Amazonギフト券は本当に現金化出来るの?

Amazonギフト券を買取する仕組み

初めて現金化する人にとっては「本当に現金化出来るの?!」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

断言します、『Amazonで使える便利なギフト券:Amazonギフト券は問題なく現金化出来ます』出来るから、この記事を書いているわけですが。

1-2. Amazonギフト券の性質

Amazonギフト券現金化に必要なのは番号のみ

Amazonギフト券は、商品券のようにお店で会計時に出して使うものではないですよね。必要なのは”、ギフト券番号(ギフトコード)です。

これはEメールタイプであってもコンビニで売られているようなカードタイプであっても同じです。

Amazonのアカウントにギフト券番号を登録して初めて使えるので、電子タイプギフト券”に分類されます。

1-3. 現金化出来る理由

Amazonギフト券買取サイトの買取手順と記入例
【引用】買取ボブの申込フォーム

電子タイプのギフト券なのに何故現金化出来るのか?

それは電子タイプのギフト券であるAmazonギフト券であっても、現金化に必要なのはギフト券番号のみ=ギフト券番号だけでも問題なく現金化出来るということです。

Amazonギフト券買取サイトで申込する時は、上記のようにコンビニで購入したカードタイプでも裏面を削ってギフト券番号を教えるのみなので簡単です。

1-4. そもそも現金化の意味は?

先ほどからずっと現金化という言葉を使っていますが、現金化という意味はもう・・お分かりですよね。別の言い方だと【換金】です。

つまり、お金に換えるという意味です。ですので、Amazonギフト券を現金化するというのは「Amazonギフト券を(ある方法を使って)お金に換える」ことです。

お小遣い稼ぎという表現をしている人もいますが、どちらかと言えば不用品をヤフオクで売ってお金に換えるという方が似ている感じです。

【参考ページ】
【疑問解決】amazonギフト券現金化のQ&A

1-5. 違法じゃないの?

現金化するとお金が手に入るわけですから嬉しい反面、違法じゃないのかな?とも心配になる人も居るかと思います。

しかし、Amazonギフト券を数枚現金化したからといって捕まることはありません。

私も何回か不要なAmazonギフト券を現金化したことがありますが、全く問題ありませんでした。

Amazonギフト券は有効期限が設けられているので、この期限内に使わないとどんなに高額面であっても無駄になってしまいます。そんな時に役立つのが現金化です。

もちろん、Amazonでは「換金目的の購入は禁止」としています。つまり、換金目的でなければ良いのです。

一度に何十万円分も買えば怪しまれるでしょうが、使おうと思って数万円分買ったが結局使わなかった…こんな時に現金化すれば何も問題ありません。

何のために購入するかまでは分からないですからね。

【参考ページ】
Amazonギフト券現金化は違法じゃないの!?

1-6. クレジットカード現金化との違い

”クレジットカード 現金化”で検索した時に出てくるのは「危険」「絶対してはいけない」等々、現金化を推奨しない言葉ばかりです。

確かに、Amazonギフト券の現金化はクレジットカード現金化とよく間違えられやすく、似て非なるものです。

Amazonで買うAmazonギフト券はクレジットカードで購入するので、このギフト券を現金化すれば実質クレジットカードを現金化したのと同じ意味になるからです。

しかし、危険と言われているクレジットカード現金化はショッピング枠を使って業者指定の物を購入→買い戻しやキャッシュバック等で現金化する方法です。

Amazonギフト券の現金化と全く別物なので安心して下さい。

【参考ページ】
Amazonギフト券現金化とクレジットカード現金化の違い
クレジットカードのショッピング枠を現金化

2. Amazonギフト券現金化する4つの方法!

Amazonギフト券が問題なく現金化出来ることが理解出来たと思います。

では、Amazonギフト券を現金化するにはどんな方法を使うのか?本題に参りますよー!大きく分けると

買取サイトで現金化

売買サイトで現金化

オークションで現金化

・金券ショップで現金化

これらの4つの方法が存在します。

次の章からお勧め度順に詳しく説明していきますので、是非自分に合った(これなら出来そう!という)方法を探してみて下さい!

2-1. ちなみに4つめの金券ショップでは買取している店舗は少ない!

金券ショップではAmazonギフト券買取しない理由

現金化する=換金するのと同じ意味でしたよね。

換金と言えば、金券ショップを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、Amazonギフト券に関しては上記で解説したように電子タイプのギフト券です。

ギフト券番号があれば現金化出来ますが、金券ショップでは「目で見て未使用の物」しか扱われていません。

ギフト券番号だけだと未使用か使用済みか全く判断出来ないから、金券ショップでAmazonギフト券を買取しているお店が少ないのです。

その少ないお店もコンビニで購入できるカードタイプのみでEメールタイプは買取していません。

だから、ネット経由で買取してもらえるamazonギフト券の現金化サイトが人気がある理由です。

3. Amazonギフト券買取サイトを使って現金化

Amazonギフト券を現金化するビビリ係長
Amazonギフト券の現金化を行う時に一番お勧めしたいのが、この買取サイトの方法です。

(お勧め度★★★★★)

Amazonギフト券をこのサイトに買い取ってもらう事で現金化する方法。一番分かりやすいので初心者にお勧めです。

今の時代は、Amazonギフト券を専門に買取しているサイトが多数存在します。

ありすぎてどのサイトを使ったら良いか悩むほどです。

Amazonギフト券専門の買取サイトなのでサポート体制も万全ですし、ランキングや検索結果の上位に位置する買取サイトを選べば、まず詐欺られることはないです。

3-1.買取サイトはいくらで現金化出来る?

Amazonギフト券専門の買取サイトには必ず

・買取率(もしくは換金率)

・手数料の有無

が記載されています。

これらが現金化する時にポイントとなります。

いくらで現金化出来るか?は、この買取率と手数料の金額があればすぐに計算できます。

【自分が買取してもらいたいAmazonギフト券の額面×買取率ー手数料】この計算式に当てはめるだけ!簡単ですね。

買取率が高くても手数料が高ければ、実際に現金化出来る金額は下がるので注意しましょう。

買取率が88~91%・手数料が0円のサイトを選ぶのがベストです。

3-2.現金化までの買取申込みの流れ(手順)

①買取サイトを見つけて、買取率と手数料を確認

②申し込み前に、買取代金がいくらになるか問い合わせる

③納得すれば、申し込みフォームより申し込む

④本人確認書類とギフト券を送付する

⑤確認出来たら振込完了メールが届く

⑥口座の残高をチェックし引き出して現金化完了


初心者の方は、②のように申し込み前に必ず問い合わせることを強く勧めます。文面で残すことで証拠になりますからね。

現金化の体験談ブログ等を読んでみて下さい、必ずと言って良いほど前もって問い合わせしています。

問い合わせた時の対応次第でその買取サイトが安心して使えるサイトか?の確認も出来て一石二鳥だからです。

問い合わせるだけならキャンセルも何も関係ないですからね。でも、買取サイト内に日々換金率が変動し記載しているところでは、問合せしても返信がないことも度々あります。

3-3.オススメのAmazonギフト券買取サイト

僕がオススメしたい買取サイトは買取ボブamatera.co.jp【アマテラ】買取セブンアマトクの4サイトです。(検証済み)

他にもオススメの買取サイトはありますので、amazonギフト券の現金化サイトをご覧ください。

どちらも買取率は日によって変わる時もありますが、90~91%(初回)で手数料は一切かからないからです。

額面1万円で申し込めば…【1万円×91%=9,100円】手数料が0円なので買取率分を掛けた分がそのまま現金化出来ます。

3-4.【アカウント登録済み】のAmazonギフト券も現金化できる!

今まで僕は、アカウント登録済みのAmazonギフト券は現金化できないと思っていました。

しかし、買取ボブならアカウントに登録し利用しなくなったAmazonギフト券も現金化できる方法を発見したんです!

アカウント登録済みのAmazonギフト券を現金化する方法は、Amazon.co.jp内でitunesギフトカードを購入し、買取ボブでitunesギフトカードを現金化すればOKです。

ちなみにAmazon内ではこんな感じで販売しています。

アカウント登録済のAmazonギフト券も現金化可能



【デメリット】

このアカウント登録済のAmazonギフト券を現金化するデメリットは、Amazonでitunesギフトカードを購入しても、すぐに販売元から届かないので(2日~3日かかる)即日に現金化できないという事です。

詳しくは手順などは下記ページで解説しています。

【参考ページ】
itunesギフトカードを扱うAmazonギフト券買取サイトのメリット

3-5.もう少し現金化できるAmazonギフト券の額面を増やす方法

ほとんどの買取サイトではAmazonギフト券の額面によって換金率が変わることもあり、現金化するAmazonギフト券は高い額面の方が高換金率になりやすいというメリットがあります。

他にも、給料日前や急な出費などの金欠時に手持ちのAmazonギフト券だけ現金化すれば金欠を回避できる人は問題ないですが、現金化するAmazonギフト券の額面では足りないという方も多いと思います。

そんな足りない金額分を補うには、一時的に

携帯キャリア決済でAmazonギフト券を購入する方法
クレジットカードのショッピング枠でAmazonギフト券を購入する方法

などがあります。


この方法で購入したAmazonギフト券を買取サイトで現金化すれば、より高い金額を現金化できます。

このような購入方法には、気を付けるべき点や細かなやり方、手順などがありますので下記ページで細かく解説しています。

【参考ページ】
【金欠攻略】Amazonギフト券現金化の金額(額面)を増やす方法!


4. 電子マネーの売買サイトを使いAmazonギフト券を現金化

Amazonギフト券を現金化するビビリ係長
次にオススメなのが売買サイトでAmazonギフト券を現金化です。

(お勧め度★★★)

次にオススメなのが電子マネーなどを扱っている売買サイトでの現金化です。

売買サイトとは、Amazonギフト券を売りたい人と買いたい人をマッチング(仲介)しているサイトの事です。

各売買サイトでは扱っている電子マネーが異なりますが、Amazonギフト券はどこでも扱っています。

ちなみ他の電子マネーは下記のようなもので、アカウントに登録していない使わないものがあるなら現金化できる可能性が高いです。


【売買サイトで現金化できる電子マネー】

・Amazonギフト券

・itunesギフトカード

・Googleplayギフトカード

・LINEプリペイドカード

・nanacoギフト

・ANA株主優待券

・webマネーギフトカード

・楽天ポイントギフトカード

・ニンテンドープリペイドカード

・GREEプリペイドカード

・Mobageモバコインカード

・ビットキャッシュ

・Amebaプリペイドカード



【売買サイトの簡単な流れ】

Amazonギフト券を出品し、購入者が自身のアカウントにギフト券番号を問題なく登録出来たら「取引成立」ボタンが押されて、販売益が入金される仕組みです。

私的にはお勧め度は★4つなのですが、現金化初心者の方からすると難易度は高めなので★3つにしました。

というのも、売買サイトは「自分で販売価格を決めて」出品するからです。

買取サイトは既に買取率が決まっていましたが、売買サイトでは額面の何%で販売するか?相場を見て自分で決めなければなりません。

定価に近い額で売るとまず売れ残りますし、あまりに安くしすぎてもこちら側がお得に現金化出来ない…ちょっとしたコツが必要なんです。

4-1. 売買サイトはいくらで現金化出来る

売買サイトによって相場が違うので、まずは今出品中のAmazonギフト券がいくらで出品されているか確認しましょう。

ある売買サイトは今現在だと額面の91%台が多かったです。

別の売買サイトだと、92~93%で出品されていました。このように売買サイトによって率(相場)が異なります。

時期によっても相場が変化します。

より高く現金化したいなら、92~93%の売買サイトを選べば良いですね。

後は、振込手数料がいくらか・取引が成立した際の手数料がいくらかで現金化出来る額が決まります。買取サイトと同じ計算式に当てはめればOKです。

4-2. 売買サイトで現金化する流れ

①売買サイトを決めたら会員登録

②売買サイトの相場をチェック

③ギフト券情報を入力し出品する

④取引成立されれば販売益が残高に入金される

⑤自分の銀行口座への出金申請を行う

⑥入金されるとメールが来るので、引き出して現金化完了

振込手数料がかかる売買サイトは、⑥で差し引かれて入金されます。

後は、手数料がかからない時間帯を選んでATMで引き出せばOKです。

4-3. オススメできる売買サイト

私が一押しする売買サイトはずばり「ギフル」です。

取引成立時に掛かるシステム手数料が0円で、出金(振込)手数料も300円と安いからです。

ちなみに、92~93%で出品されている売買サイトはこのギフルなんですよ!

もし、額面1万円のギフト券を92%で出品し取引成立すれば・・【1万円×92%-手数料300円=8,900円】が現金化出来ることになります。

5. オークションでAmazonギフト券を現金化

Amazonギフト券を現金化するビビリ係長
次はヤフオク、モバオクなどでAmazonギフト券を現金化する方法です。

(お勧め度★)

オークションといえばヤフオク、モバオクですね。

ヤフオクでもAmazonギフト券は多数出品されています。売買サイトと同様に自分で販売価格を決める事が出来ますが、お勧め度は★1つ。

何故なら、売買サイトはサイト(業者)が仲介しトラブルにも対処してくれますが、オークションだと個人のやり取りなので落札者によっては厄介な問題になる可能性もぬぐえないからです。

売買サイトはこちらの個人情報(メールアドレスなど)を教える必要はありません。

オークションで落札されても、Amazonギフト券番号を相手に送るだけですから住所等は不要です。

しかしヤフオクだと相手に直接ギフト券番号を伝えなければなりません。個人間でのやり取りのため、現金化初心者には不向きです。現金化に慣れている人向けですね。

5-1.オークションはいくらでAmazonギフト券を現金化出来る?

額面1万円のAmazonギフト券で検索しヤフオクでの相場を見てみますと・・即落で9,750円・現在の価格だと9,500円で出品されているのが多いですね。

買取サイトや売買サイトに比べて高く現金化出来そうです。

しかし!散々言っていますが、現金化するには手数料も考慮しなければなりません。

ヤフオクで出品するには、月額498円支払ってプレミアム会員になる必要があります。しかも、落札されても落札額の8.64%が手数料としてかかるのです。

1万円のギフト券を9,500円で出品しても、【9,500円ー(9,500円×8.64%)=約8,680円】です。

買取サイト・売買サイトに比べて下がってしまいました。

プレミアム会員費を考慮していなくてもこの価格でしか現金化出来ないわけですから、★1つの理由も納得頂けたかと思います。

5-2.ヤフオクでの現金化までの流れ

①ヤフオクプレミアム会員に登録

②いくらで売るか決める

③決めたら、ギフト券情報等を入力し出品する

④落札者からの入金が確認出来たら、ギフト券番号を送る

⑤口座から落札代を引き出して現金化完了

アカウント登録済のAmazonギフト券を買取できるサイト

アカウント登録済のAmazonギフト券を現金化する

基本的にAmazonギフト券買取は、アカウントに一度登録すると買取サイトで現金化出来なくなります。

アカウント登録済のAmazonギフト券でも買取出来るサイトはありますが、Amazon.co.jpのアカウントごと買取してもらう事になるので、個人情報流出の心配や再度アカウントを登録する手間があります。

しかし、最近、人気サイトの買取ボブである方法をすることでアカウント登録済でも買取してもらえることを発見しました!

それは、itunesギフトがヒントですが、下記リンクで買取ボブはアカウント登録済のAmazonギフト券でも買取出来ることを解説しています。

【参考ページ】
買取ボブはitunesギフト券買取換金率No.1!

Amazonギフト券以外のギフト券買取相場はどのくらい!?

Amazonギフト券以外の買取相場


このページを見ていただければAmazonギフト券買取サイトの換金率相場がどのくらいかが分かったと思います。

優良な買取サイトでAmazonギフト券は換金率87%~91%前後で現金化できます。
amazonギフト券の現金化サイト

それ以上の換金率94%とか、換金率98%などで現金化できると表記されているサイトは疑った方が無難です。詐欺サイトの可能性も出てくるからです。

では、Amazonギフト券以外のitunesギフトやGoogleplayギフト、楽天ギフト、LINEプリペイドカード、webマネーなどは実際にどのくらいの換金率相場でどこの買取サイトで現金化できるか気になりませんか!?

Amazonギフト券以外に使わないギフト券があれば知りたいと思いますよね。

そこでAmazonギフト券以外のギフト券もどのくらいの換金率で現金化できるか調べてみました。

・Amazonギフト券買取相場 85%~92%

・itunesギフト買取相場 65%~78%

・Googleplayギフト買取相場 68%~75%

・楽天ギフト買取相場 不明

・LINEプリペイドカード買取相場 90%前後

・webmoneyプリペイド買取相場 96%以上

上記ギフト券を買取できるサイトは下記リンクのページで解説しています。

【参考ページ】
【便利!】各ギフト券の買取相場と買取可能なサイトを紹介!

最もお勧めの換金する方法は買取専門サイトで89%~91%で買い取ってもらうです!

コンビニのamazonギフト券を現金化


このアマゾンギフト券買取専門サイトで現金化する方法は、私自身がよくやるのですが、お金の振込スピードも早くて(即日 )手間がないのが良いということです。

オークションなどで売れても相手が入金するまでに数日間かかることも度々あることを思えば、断然、買取サイトで現金化した方が便利ということです。


換金率を重視し、利用しない余ったアマゾンギフト券や現金化目的でPINCOMで購入したアマゾンギフト券を【額面5000円以上~】あるなら新規利用者は買取ボブで売れば、一律90%の換金率で買取してくれます。3万円以上でも買取OKですよ。
*最近(2016年12月ぐらい~)、買取ボブの換金率は86%~88%(日々変動)での買取です。


2017年1月10日に2万円分のアマゾンギフト券の現金化を検証しました。

そこで【優良】買取サイトを発見しましたが、安心ギフトと買取セブンは換金率90%以上で現金化できたので報告します。


住信SBIネット銀行の入金明細
現金化し入金した銀行明細

一番上の振込先名でAMAというところは、買取セブンで2万円が18,130円で、次に(株)ダイスは安心ギフトで2万円が18,000円で現金化した入金明細です。

ついでに2016年10月25日には、買取ボブで換金率90%で1万円が9,000円で現金化し、2016年8月4日で(株)トラストオブファイブはギフトかんきんわん、8月3日にギフルで現金化し入金された銀行明細です。


『額面500円以上~』なら、アマテラで買取してもらえば、最大買取率90%で即日現金化できますし、アマテラは夜間対応の24時間営業なのでネットバンク口座があればいつでも入金可能です。

しかも、アマテラは企業が運営しているので信用性も抜群です。

新規利用だと換金率91%のアマトクは高い換金率ですが、最低買取額が3万円~なので3万円以上ある高額専門買取サイトです。(現在は1万円以上になりました)
勿論、即日入金できます。

1万円以下でもギフルなら売買サイトですが、売ることができますよ♪

このようなサイトは怪しいと思うかもしれませんが、全く問題なく利用できていますので安心してください♪

安全な平均の換金率相場は87%~92%ぐらいで、これ以上の高い換金率で現金化できる買取サイトは疑う必要があります。(これ本当に重要なことです!)

アマゾンでゲームソフトを購入し現金化する方法の場合は?

オークションで現金化

まずAmazonギフト券で何かを買って、それを転売するという方法が考えられます。

一例を挙げると、Amazonギフト券を使ってゲームソフトを買い、それをゲームショップやオークションに売る、というものです。



人気のあるゲームや品薄のゲーム、発売日直後のゲーム等はAmazonでの発売価格とゲームショップでの買取価格の差が小さく、またゲームソフトであれば買い取ってくれるゲームショップはあちこちにあるので他の品物に比べて現金化しやすい、というメリットがあるのです。

この時大事なのは、闇雲に買ってしまわず、『まず先にゲームショップのチェックして高価買取商品が何であるかを調べておく』ということです。

買取価格が高い商品を知りそれをAmazonギフト券で購入ゲームショップに売ることで、高い換金率を得ることが出来るのです。

売りたいゲームショップは自分に都合の良いところを選べばよいのですが、買取表を見比べて、買い取り額が一番高くなるところを選ぶのがベターかもしれません。

この方法は買ったゲームソフトをAmazonマーケットプレイスやオークションサイトに出品するよりは総じて現金化までの時間は短いのですが、多くのゲームショップではいちどきに同一タイトルを複数本買い取らないとか、未開封品は買い取らない等の難点があります。

また、数万円程度ならともかく何十万円分も現金化したいというような場合には、向いていません。

ではそのような難点を避けたい、もっと手っ取り早く現金化したいという場合、どうすればよいのでしょうか?

ゲームソフトではなくブランド品や時計などを売る方法などもありますが、やはり手早く現金化するのはAmazonギフト券買取サイトを利用することです。


amazonギフト券とは!?

アマゾンギフト券の体験談や評判
まず、アマゾンギフト券を知らないという方はいないと思いますが、一応簡単にご説明しておきますと世界的なインターネット通販サイト「アマゾン」の商品を購入する際、現金のように利用出来るのがアマゾンギフト券です。

例えば、千円分のアマゾンギフト券があったとして、2千円の本を買いたいと言った場合、千円分ギフト券を使用すればカード等で支払うのは残りの千円分だけで良い訳ですね。


一方、千円分のアマゾンギフト券で500円の商品を買ったといった場合、通常のギフト券では「お釣り」が貰えない場合がありますが、アマゾンの場合は差額となった500円分は引き続きアマゾンで使用出来ます。

つまり、現金として手にする訳ではないですが、アマゾンのサイト内でお釣りを貰ったようなものです。

amzonギフト券の欠点

上記のようになかなか便利な商品券と言えるのがこのアマゾンギフト券ですが、唯一の欠点は、やはりアマゾン内でしか利用出来ないということです。

  • アマゾンでは売っていない商品
  • もしくはアマゾンでも売ってはいるけれども、例えばアマゾンより安い
  • ポイントを貯めたい

とかといった理由でアマゾン以外で買いたい商品というものがあります。

あるいは、レストランで食事をしたいといった場合も、アマゾンギフト券は役に立ちませよね!?

従って、アマゾンギフト券は1万円分もあるが、さしてアマゾンで買いたいものがない。それより、新しく出来たフランス料理店でコース料理を食べてみたい。

しかし、手持ちのお小遣いがピンチだ・・・なんて時は、アマゾンギフト券を現金化できるととても有り難いと言えますね。

オススメの現金化する方法の「FUJIサービス、ライフネット」について

そこで、そのような場合は、アマゾンギフト券を現金化出来る即ちアマゾンギフト券を買い取ってくれるネットショップ、「アマテラ、FUJIサービス、ギフトチェンジ」を皆さんへオススメします。

土日・祝日でも振込してくれるので助かるサイトですよ

私の買取専門業者を利用した体験談


何故オススメなのかその理由をご説明しますと、私自身の体験を交えて特に良かったと思った等をお伝えしますと、まずアマゾンギフト券なら、メールタイプであろうが、カードタイプだろうか、プリンタで印刷したタイプだろうが、それらの種別に関係なく、しかも料率に差がなく買い取ってくれるということ。これは、有り難いと言えます。

こんな感じの雰囲気のサイトです。

ギフル
アマゾンギフト券の売買サイト


amatera.co.jp(アマテラ)
アマゾンギフト券の買取サイト


私の売りたいamazonギフト券は、メールタイプだったのですが、メールの状態で買い取って貰えるのか、大変面倒な手続きが必要になるのではないかと不安でしたが、全く持って言われたとおりのやり取りを行っただけで、特別複雑な手続きを求められることもなく、すぐに買い取って貰えました。

ちなみに、私の場合は郵貯と東京三菱の2つに口座を持っていたので、まあ、どちらを選んでも振り込み手数料は発生しないので150円すら取られずに済みましたが、口座を開くこと自体は無料なので、もし金券買取EXでアマゾンギフト券の買取を検討しているなら、先に口座だけでも作っておくのも一手だと言えます。


最後に、FUJIサービス(1万円以上)アマテラ(500円以上)は電話のサポートもとても親切でした。

ぶっきらぼうにあしらわれるなんて心配はありませんので、気軽に問い合わせをしてみては如何でしょうか。

<<携帯決済でamazonギフトが購入できるPINCOMとは!?

<<携帯キャリア決済を現金化


【関連ページ】

amazonギフト券を現金化【まとめ】
auかんたん決済でアマゾンギフト券を購入し現金化
即金!auかんたん決済を換金する方法
注意!Amazonギフト券詐欺の手口と対策
クレジットカードのショッピング枠を現金化
スマホでAmazonギフト券を貰う
Amazon国内転売(せどり)で稼ぐ方法
携帯決済でamazonギフトが購入できるPINCOMとは!?
即日!ドコモケータイ払いを92%以上で現金化できた♪



携帯キャリア決済を現金化

このページの先頭へ